FC2ブログ

Roy G. Bivの静かな生活

- the Silent World of Dr. Roy G. Biv -

28

2019

熟れすぎた恋心

思い返すと「あのタイミングでもしふたりきりになれたら好きといってくれたのかな?」とか「ふたりきりのときにちゃんと気持ちを伝えていればよかったのかな?」とかそんなことを考えます。同じ時代を生きているふたりだけれどお互いの立場を考えると決して踏み込めない踏み込み方がわからないわたしたちは そんな関係をずっと続けてきています。もし わたしのブログを読んでいて同じような立場のひとがいるならばはやめに 好き...

24

2019

草花の栄光

会えない日々が続いていました。わたしから 意図的に 会わないようにしていたから「会わない日々」 と 書いた方が正しいかもしれません。「 アオハルが Royちゃんが別の人に乗り換えたって  めちゃくちゃ落ち込んでるよ。 」そんな話をきいたのは つい最近のことでした。わたしは アオハルと会わなくなればアオハルのことを忘れると思っていました。長年の恋心というのは 熟れすぎて腐ってしまうものだと自分の恋心と...

19

2019

わたしのとなり

ひとに 好かれる。ということに なれている人間はたぶん 知らないうちにひとに好かれているのだと思う。わたしは とびきりの美人でも 性格がすごくよいわけでもないけれどそれでも ひとに好かれる傾向にあると 最近 ようやく実感をしている。アオハルを好きだ と自覚するまでは恋愛における努力 ということがどういうものなのか まったく知らなかった。考えたことすらなかった。だから 誰かと向き合う ということがこ...

02

2019

こころの雨があがるとき

会わないあいだ ひとり思い詰めてしまってすべてを投げ出したくて誰かに泣きつきたくなる夜があった。泣きつくことはなかったけれど別のひとの優しさに救われる このひとを好きになれたら幸せなんだろうなと感じることもあった。それでも アオハルの顔をみれば すぐにそんな夜があったことすら 忘れてしまう。アオハルは 別のひとの存在に気がついている。「 絶対に負けたくない 」 と言っていた。わたしは こんなことを...

18

2019

ひとたらし

ひとたらし。最近 別々のタイミングでそういわれた。わたしのこと らしい。うーーーーーんたしかに 最近アオハル含め何人かから確かな好意を感じる出来事があった。わたしは 愛想よく振る舞うことで「 まだ 誰からも 好きといわれていない。 」という現実に甘えているのかもしれない。数年前アオハルと話が噛み合わずすれ違ってしまったとき「 外面がよくて 中身がちゃらんぽらんな奴が好きなんでしょ? 」って アオハ...